小池一夫

小池一夫

日本の漫画原作者、小説家、脚本家、作詞家、作家

Reserve

小池一夫とは

漫画原作作品に『子連れ狼』(画: 小島剛夕)、『御用牙』(画: 神田たけ志)、『高校生無頼控』(画: 芳谷圭児)、『修羅雪姫』(画: 上村一夫)、『クライング フリーマン』(画: 池上遼一)、『オークション・ハウス』(画: 叶精作)、小説に『乾いて候』、『夢源氏剣祭文』があります。また初期の『ゴルゴ13』(さいとう・たかを)にも関わっています。

小池の信条は「漫画はキャラ起てが大事だ」でした。インパクトのあるキャラクターを生み出し、活躍させ、世界的な謀略劇の中を鍛え上げた肉体を駆使して駆け抜けるというハッタリの効いた壮大な筋が身上です。「キャラクター原論」の提唱者です。さいとうプロでの『ゴルゴ13』との関わりが強く影響しています。その代表作が、『御用牙』であり『子連れ狼』です。

小池一夫
小池一夫
Blancs

代表作「子連れ狼」「御用牙」

子連れ狼は1970年代の発表作ですが、1987年と早い時期にアメリカで出版され、成功を収めた数少ない日本漫画の一つで、今日の日本漫画ブームの草分けとなりました。アメリカン・コミックの巨匠であるフランク・ミラーは本作品の大ファンであり、ダークホース社から出版されたアメリカ版の表紙絵を自ら描いています。

小池劇画はアメリカン・コミックスにまで影響を与えたといえ、2001年のアイズナー賞受賞以降の、アメリカでの多くの受賞はそのことを裏付けています。興行収入が1億ドルを超える大ヒットを記録した2002年のハリウッド映画『ロード・トゥ・パーディション』は、本作品をモチーフにしていると言われます。80年代には小説家としてもデビュー、その後大学教授も務めました。