小池一夫の漫画

  • by
  • 1 min read
子連れ狼 は小池一夫原作の代表的な漫画です。

「子連れ狼」等の漫画の原作者である 小池一夫 によるキャラクター創りには独特の特徴があります。

キャラクターと演出

小池一夫氏はあらゆる角度から「人」を表現しようとするストイックな観察眼を持っていました。それが、様々なキャラクターやストーリーを生み出す力となりました。

小池一夫は、山手樹一郎(「桃太郎侍」等)の著作に親しみ、その弟子になりました。山手のもとで歴史・時代小説を学び、山手の親友・山本周五郎(「樅ノ木は残った」等)にも教えを乞いました。

漫画原作者として

小池一夫の漫画 は漫画原作者としての独立直後の「子連れ狼」から始まります。「子連れ狼」は、後に映画化、ドラマ化がなされて人気となり、小池の代表作となりました。